読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Huluで観るおすすめ映画・洋画の感想と評価

無料トライアル期間中に観るならこの映画がおすすめ。動画・映像配信サービスのHuluで観た映画、洋画のレビュー、評価、感想の記事を書いているブログです。映画のあらすじをネタバレも含め書いています。恋愛映画やドラマなど。*配信停止にご注意下さい。

映画「それでも恋するバルセロナ」あらすじ(ネタバレ)感想と評価

Huluのおすすめコメディ映画・洋画 Huluのおすすめ恋愛映画・洋画 エロティック・官能的な映画・洋画のおすすめ

映画「それでも恋するバルセロナ」 

 

f:id:rabana:20150729024429j:plain

    

 

 

感想と評価 *ネタバレ注意

 

ウディ・アレンといえばニューヨーク、といった印象ですが、ここ数年はヨーロッパの各都市を舞台にした映画が多いですね。

 

さすがに名監督、それぞれの都市の空気感を掴むのがうまいなあ、と思うのですが、そこへアメリカの俳優と現地の俳優を交えて、いつもながらのすったもんだの恋愛劇を繰り広げるので、作品によってはまとまりのない、散漫な印象を受けることも…(^^;

 

でもこの「それでも恋するバルセロナ」は良作だと思います☆

これまでに何回も観ていますが、その度に面白い。

 

この作品の魅力は、バルセロナとオヴィエドという美しいスペインの街と、ハビエル・バルデム(何度聞いてもこの人の名前がきちんと覚えられない…)、ペネロペ・クルスのスペイン人の俳優たちによるところが大きいと思います。

 

優しくて優柔不断で女好きの、ファン・アントニオを演じたハビエル・バルデムは、情熱的な色気があってよいですね~(*^^*)

 

彼の周りに、性格の全く異なる3人の女性を配して、入り組んだ四角関係を描く設定が面白い。

というと、ドロドロしてしまいそうですが、さらりと軽快に物語は進行していくので気軽に観られるし、ウディ・アレンならではのシニカルなユーモアも顕在です。

 

ウディ・アレンのすごいところは、あくまでおしゃれに軽快に物語を展開しながらも、人間のどうしようもなく愚かな部分や弱い部分を、滑稽なおかしみを交えて見せてしまうこと。

 

まさに名人芸といった感じがします。

 

 

 

ファン・アントニオの妻・マリア・エレーナを演じたペネロペ・クルスの印象が強烈です。

彼女が登場してからは、正直他の女優たちの存在感は薄れてしまったかな…

 

情熱的で、天才的な芸術家で、でも情緒が不安定で、繊細でかよわげなところもある。自分が愛する人たちには、優しく包み込むような愛情をみせる。

ファン・アントニオに対しては愛憎半ばするといった感があり、興奮するとナイフやピストルを持ち出したり、何をするかわからない。

 

そんな複雑な女性像を、美しく魅力的に演じています。

彼女が登場して以来、完全にノックアウトされてしまいました(笑)

彼女を観られるだけで結構満足かもしれません…

 

やはりスペインの街には、ニューヨークのインテリ風の会話よりも、スペイン人の俳優たちによる激しい情熱がしっくり似合いますね。

いつかバルセロナに行ってみたくなりました(^^)

 

Huluで現在配信されています。 ⇒ Hulu