読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Huluで観るおすすめ映画・洋画の感想と評価

無料トライアル期間中に観るならこの映画がおすすめ。動画・映像配信サービスのHuluで観た映画、洋画のレビュー、評価、感想の記事を書いているブログです。映画のあらすじをネタバレも含め書いています。恋愛映画やドラマなど。*配信停止にご注意下さい。

映画「シングルマン」あらすじ(ネタバレ)感想と評価

Huluのおすすめ感動映画・洋画

映画「シングルマン」

 

f:id:rabana:20150803025928j:plain

 

あらすじ、感想と評価 *ネタバレ注意

 

 

この映画の監督は、トム・フォードという有名なファッション・デザイナーなのだそうです。

さすがにファッション・デザイナーさんだけあって、美的感覚がすぐれているというか、映像の細部の細部にまでとことんこだわりが感じられます。

 

主人公を演じるのはコリン・ファース。

「英国王のスピーチ」の俳優さんですね。

彼は「英国王のスピーチ」以外では脇役でしか見たことがなくて、いつもあまり目立たない役を演じている印象だったのですが(^^;

この映画で一気にファンになってしまいました。

 

最愛の恋人を事故で失ってしまった、ゲイの大学教授、という役どころなのですが、その悲しみと絶望、孤独感を押し殺した表情や、厭世的な佇まいには、大人の男性の色気を感じさせられます。

 

主人公のジョージの住む家がまたシックでおしゃれ。

緑に囲まれた開放的な一軒家なのですが、恋人を失ってしまったジョージには、ただがらんとした寂寥感しか感じることができません。

 

彼は孤独で空虚な毎日に耐え切れずに、自分の人生に終止符を打とうと決心します。

そして彼の最後となる一日の物語が、繊細で静謐な映像により描かれています。

 

人生に絶望しているジョージの目には、世界が色彩を欠いたモノクロに見えるのですが、ふとした瞬間に、彼は生き生きとしたカラフルな風景を取り戻すことができます。

例えば、隣の家の少女と話をしたり、花の香りを嗅いだり、心の通じ合う友人と話をしたりするときに。

 

そういった彼の微妙な気分の変化が、美しい映像によって表現されています。

 

ジョージの大学の生徒である、ケニー(ニコラス・ホルト)という青年が登場します。

彼がまた美青年なんだなぁ。

 

ケニーはジョージを尊敬し慕っていて、ジョージの講義を聞いていつもと異なる様子に気がつき、彼のことを心配します。

二人はその夜バーで話をし、親密なひとときを持ちます。

ケニーもまた孤独な心を抱えていて、彼らはお互いの魂の孤独に引き寄せられたように見えました。

彼らが二人で夜の海へ泳ぎに行くシーンはとても美しかったです。

 

ケニーはジョージの教え子だから、恋愛関係を持つわけにはいかない。

二人は壁に隔てられていて、愛し合いたくてもできないのですね。

そのもどかしさと切なさ…

 

でもジョージの絶望的だった心はケニーの存在により、一時的にかもしれないけれどほぐれて、安らかになります。

コリン・ファースの心を開いた穏やかな表情に涙が出そうになりました。

彼がそういう時間を持つことが出来てよかった。

 

「人はみんな孤独だけれど、人生が価値を持つとしたら、他人と真実の交流ができたときにある」

 

ジョージとケニーのこの会話の言葉が心に残りました。

 

 Huluで現在配信されています。⇒ Hulu