読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Huluで観るおすすめ映画・洋画の感想と評価

無料トライアル期間中に観るならこの映画がおすすめ。動画・映像配信サービスのHuluで観た映画、洋画のレビュー、評価、感想の記事を書いているブログです。映画のあらすじをネタバレも含め書いています。恋愛映画やドラマなど。*配信停止にご注意下さい。

映画「SHAME-シェイム」あらすじ(ネタバレ)感想と評価

映画「SHAME ーシェイムー」

 

f:id:rabana:20150806172150j:plain

 

 

セックス依存症の男性の生活を赤裸々に描いた物語。

 

これでもかというほど性描写が過激なのですが、不思議にいやらしいという感じはしませんでした。

むしろ痛々しいと思いました。

 

主人公は自分の欲望を満たすためというより、自分を痛めつけるために性行動に走っているように見えるのです。

 セックスをしているときの彼の表情も、快楽なんてなくてまるで苦行に耐える修行僧みたい…。

 

 

映画のあらすじ、感想と評価 *ネタバレ注意

 

主人公、ブランドン(マイケル・ファスベンダー)はニューヨークの高級マンションにひとり暮らし。

ハンサムで上品、物腰は紳士的。

仕事ぶりも良さそうだし、女性からの人気もありそう。

 

でも実は彼は極度のセックス中毒で、ナンパで知り合った行きずりの女性たちや、娼婦を相手にセックスをする毎日なのでした。

 

そんな彼のところに、ある日、妹のシシー(キャリー・マリガン)が転がり込んできます。

シシーは彼氏にふられて行く所がないので、しばらく泊めてほしいとブランドンに訴えます。

 

ブランドンは渋々承知しますが、妹と暮らし始めてから、彼の依存症はますますひどくなっていくようです。

 

どうやらブランドンは昔妹と関係を結んでしまったよう?

そんな雰囲気が漂います。

このあたりは明確には語られないのですが…

 

シシーがバーで歌う場面で、ブランドンが涙を流すシーンが印象的です。

ブランドンが本当に心から愛しているのは妹のシシーだけなのではないかと思いました。

 

タイトルの SHAME=恥 とは、妹に対する気持ちのことを指しているのではないかな?

 

彼は妹を愛していることを恥じ、彼女に性的な欲望を覚えてしまうことを恥じている。

 

ブランドンはそんな自分を罰するように、日々性衝動にふけっているようにも見えるのです。

とことんセックスにふけることで、性的な欲望を痛めつけ、根絶やしにするために。

 

シシーには手首を切ってしまう自傷行為癖がありますが、ブランドンのセックス依存も一種の自傷行為なのではないかと思いました。

 

セックス・シーンが多い割りに、映画の全体的な雰囲気はエロティックではなく、乾いていて、殺伐、荒涼としている感じがします。

ブランドンの苦悩と孤独が伝わってきて痛ましい…

 

マイケル・ファスベンダーは素晴らしい演技です。

ブランドンという人物には常に孤独な影があります。

彼は他人と親密に関わることができない。

 

職場の同僚の女性が、ブランドンに興味を持ち、二人はデートをします。

でもうまくいきません。

 

自分に興味を持ち、まじめに付き合うことを求めてくる女性とは、彼は関係を持つことができないようです。

ブランドンはそんな自分の問題を自覚し、自分を変えようと努力するのですが、どうしてもできない。

そんな彼の打ちのめされたような姿が悲しかった。

 

そして妹のシシーの方は、自傷行為癖があり、自殺未遂も何度かしている。

 

それぞれ深刻な問題を抱えている兄妹は、お互いを助けたいと思っているのですが、二人の間には「性」がたちはだかっていて、どうしたらいいのかがわからない。

 

最後に港で泣き崩れるブランドンの表情に胸を締めつけられました。

 

セックスと孤独というテーマを、これほど突きつめて描いた映画は他には観たことがありません。

 

Huluで現在配信されています。 ⇒ Hulu