読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Huluで観るおすすめ映画・洋画の感想と評価

無料トライアル期間中に観るならこの映画がおすすめ。動画・映像配信サービスのHuluで観た映画、洋画のレビュー、評価、感想の記事を書いているブログです。映画のあらすじをネタバレも含め書いています。恋愛映画やドラマなど。*配信停止にご注意下さい。

映画「ロルナの祈り」あらすじ(ネタバレ)感想と評価

Huluのおすすめ恋愛映画・洋画

映画「ロルナの祈り」

 

f:id:rabana:20150811160638j:plain

 

 

監督はベルギーのダルデンヌ兄弟。

「息子のまなざし」や「ある子供」の監督なのですが、人の心理を丁寧かつ冷静に見据えた作品には、いつも感心させられます。

 

 

あらすじ、感想と評価 *ネタバレ注意

 

この映画の主人公・ロルナは、アルバニアからベルギーに移住してきた女性。

 

彼女はベルギー国籍を取得するために、闇ブローカーの斡旋で、ベルギー人と偽装結婚をすることになります。

 相手の青年、クローディは麻薬中毒患者。

彼は麻薬を買うお金欲しさに偽装結婚に同意をしたようです。

 

私はこういった問題には無知なのですが、偽装結婚の審査は結構厳しいようですね。

 偽装結婚とバレないように、しばらくの間は一緒に生活をしなければいけないみたいです。

 

そこでロルナはクローディと一緒に暮らします。

初めは麻薬中毒者の彼のことを疎ましく思っていた彼女。

 

ロルナとクローディ、二人を演じる俳優さんたちの演技が自然で、彼らの暮らしぶりからもリアルな生活感が伝わってきます。

その生活感は、冷たく乾いていて、殺伐とした印象です。

それはそのままロルナの心の状態を表しているのかもしれません。

異国の地で、心を閉ざした生活を送っているのですね。

 

闇ブローカーの計画としては、ロルナが国籍を取得したら、クローディは用済みなので「始末」してしまうというものでした。

 

ロルナはそれを承知で、クローディに対して頑なに冷たく接していたのですが、徐々に彼に心を開いていきます。

クローディは一緒に暮らすうちに、自然に彼女を慕い始め、麻薬をやめる努力をします。

そのうちにロルナはクローディに愛情に似たものを感じ始めます…

彼女が自転車に乗るクローディに駆け寄り、優しく微笑みを見せるシーンは、とても無邪気で幸福そうで、観ているこちらの心も温まりました。

 

ロルナはクローディを麻薬中毒から救いたいと本気で願うようになり、彼を更生させるべく手助けをします。

そしてその過程で二人は結ばれます。

 

ロルナは何とかクローディを殺さずに助けたいと思い、闇ブローカーのファビオに交渉します。

しかし彼女の努力にも関らず、クローディは抹殺されてしまう…

 

悲しく残酷な物語なのですが、この映画の真骨頂はここから。

 

救えなかった男性に対する罪悪感と贖罪の意識からなのか、ロルナの心と身体に変化が起こります。

 

彼女の中である命が息づくことになる。

彼女はその命を守ろうと、ファビオたちの手から逃れて、森の中に逃げ込みます。

 そしてその命に向かって静かに語りかけます。

静かな森の中でのラストのモノローグは、ロルナの祈りのようでもあり、神々しささえ感じられます。

 

死んでしまった愛、救えなかった命への想い。

犯してしまった罪を購うこと。

ロルナという女性の変化を通して、言葉では説明できない、人間の心理の複雑さを、詩的に美しく表現した映画だと思います。

 静かな森の映像とともに、心に強く響いてくる物語でした。

 

  Huluで現在配信されています。 ⇒ Hulu