読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Huluで観るおすすめ映画・洋画の感想と評価

無料トライアル期間中に観るならこの映画がおすすめ。動画・映像配信サービスのHuluで観た映画、洋画のレビュー、評価、感想の記事を書いているブログです。映画のあらすじをネタバレも含め書いています。恋愛映画やドラマなど。*配信停止にご注意下さい。

映画「チェ39歳別れの手紙」あらすじ(ネタバレ)感想と評価

映画「チェ 39歳 別れの手紙」

 

キューバ革命の立役者であるチェ・ゲバラの伝記的な映画、2部作の後編です。

監督はスティーヴン・ソダーバーグ。

 

ゲバラの若い頃の旅を描いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」、そして前編の「チェ 28歳の革命」を観て、私はすっかりゲバラファンになってしまったのですが、そのために彼の最期を描いたこの後編は観るのが辛かったです…
 

f:id:rabana:20151123164118j:plain

 

 

あらすじ、感想と評価 *ネタバレ注意

 

前編の「28歳の革命」では、ゲバラがキューバ革命に参加して勝利に導くまでが描かれていましたが、この作品ではその後、彼がキューバを去り、ボリビアの革命運動に身を投じる姿が描かれています。

 

彼がなぜキューバを去り、ボリビアの革命に参加したかというと、中南米全域に革命を広げて、搾取に苦しむ民衆を解放したいという壮大な夢があったから。

彼は人々を救うために自分のできることをとことんやろうとしたのですね。

 

でもキューバでの時と違い、ボリビアでは政治的な後ろ盾を得られずに、彼の指揮するゲリラ部隊は孤軍奮闘することになります。

そしてアメリカから強力な支援を受けたボリビア軍により、1人また1人と仲間を奪われていき、彼はしだいに窮地へと追い込まれていく・・・

 

第一部のキューバ編では、どんどん仲間が増えていって革命が国中に広がっていくダイナミズムが感じられ、胸が高鳴りました。

でも本作では逆にどんどん仲間が減っていって、もうどうあがいても勝てる見込みのない絶望的な闘いとなっていきます。

 

補給路を断たれて栄養不足になり、疲労や体調不良が重なる。

じりじりと追いつめられていくゲバラや仲間たちの姿が、前編と同じく非常にリアルなタッチで描かれていて、観ていて息苦しくなりました。

 

それでもゲバラは最後まで弱音を吐くことはなく、その強い信念も揺るぎません。

彼が信頼し、愛し、心底救いたいと願っていた農民たちに裏切られても・・・

 

 彼の最期を見るのは辛かったです。本当に大切な人を失ってしまったような喪失感に打ちのめされました。

この時世界はかけがえのない人を失ってしまったのだと思いました。

 

でもその一方で、この映画が他でもないアメリカ人の手で作られたことに驚きます。

作品自体は淡々としたタッチなのですが、チェ・ゲバラに対する尊敬、共感が痛いほどに伝わってきます。

自分個人のためではなく世界の幸福のために闘い抜いた、ゲバラの真摯な生き方は多くの人に感銘を与えたし、今でも与え続けている。

 

世界中の人々に影響力を与え続けているという点において、彼は真の偉大な革命家であり、

これからもずっと人々の心に革命を起こし続けるのだと思います。

 

 Hulu で現在配信されています。→ Hulu