読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Huluで観るおすすめ映画・洋画の感想と評価

無料トライアル期間中に観るならこの映画がおすすめ。動画・映像配信サービスのHuluで観た映画、洋画のレビュー、評価、感想の記事を書いているブログです。映画のあらすじをネタバレも含め書いています。恋愛映画やドラマなど。*配信停止にご注意下さい。

映画「アバウト・ア・ボーイ」あらすじ(ネタバレ)感想と評価

Huluのおすすめコメディ映画・洋画

映画「アバウト・ア・ボーイ」

 

f:id:rabana:20150804015935j:plain

 

 

あらすじ、感想と評価 *ネタバレ注意

 

38歳の男性と、12歳の男の子の友情を描いたハートウォーミングなコメディでした。

この映画の面白いところは、大人になりきれていない男性と、周りの環境から大人になることを強いられている少年の間の友情を描いたものであること^^

 

ヒュー・グラント演じる主人公のウィルは、もう中年にさしかかった大人でありながら、いまだに中身は少年のままのような人。

お父さんがヒット・ソングを作曲したおかげでずっとその印税で食べていけるから、仕事をする必要がなく、今まで一度もきちんとした職に就いたこともない。

彼の日常といえば、外食やビリヤードを楽しみ、美容院で時間をかけて髪を洗ってもらい、家でのんびり音楽を聴いたりテレビを観たり。

なんともうらやましいというか、優雅な生活です。

恋愛に関しても、1人の女性と長続きする関係を持ったことがなく、気楽なデートを楽しんでいる。

 

ヒュー・グラントがそんな男性をコミカルにとぼけた感じで演じていて良かったです。

ヒュー・グラントのインタビューを一度見たことがありますが、すごくユーモアセンスのある人だなあという印象でした。この役も楽しんで演じているような雰囲気でした。

 

 

さて、そんな悠々自適な生活を送っていたウィルの前に、ある日マーカスという12歳の少年が現れます。

マーカスはシリアスな悩みを抱えた男の子。お母さんがうつ病で自殺未遂をしてしまったり、学校で陰湿ないじめに合っていたり…。

そんなマーカスが心の救いの場として、学校や家庭以外の場所を求めていたとき、ウィルと出会い、なぜか彼のことを気に入って、マーカスは彼の家に入り浸るようになります。

 

初めは迷惑がっていたウィルも、マーカスと接していくうちに、この少年が深刻な問題を抱えながらも、クールな表情を装いながら、懸命に辛さを抑えようとがんばっていること、彼の心が友達を必要としていることがわかってきます。

 

マーカス役の男の子の澄んだ目が印象的でした。

 ウィルは、マーカスのために何かをしてあげたい、大人らしく役に立つ助言をしてあげたいと思うのですが、何も思いつかない。

でもウィルのいいところは、大人目線、上から目線でマーカスを扱わないところで、だからこそマーカスはウィルのことを気に入り、彼といると落ち着くのだと思います。

 

二人の間に友情が生まれていくのが微笑ましく、今まで他人に無関心だったウィルがマーカスのために何かをしてあげたいと思うまでに変わって行く過程がおかしくも感動的に描かれています。

 

 でもいかにも大げさな感動ドラマにはならず、最後まで主人公のウィルがおとぼけ男のままで、あまり成長したような感じには見えないところも、この映画の良いところかなと思います^^

最後まで抑えたコミカルな調子のままで、観終わった後にじんわりと心が温まっている映画でした。

 

Huluで現在配信されています。⇒ Hulu